FC2ブログ

そうよ!ヤツの名はメガ166!

ほうかご百物語 

今回の電撃大賞で『大賞』を受賞した名誉ある作品『ほうかご百物語』です。

作者:峰守 ひろかず
イラスト:京極しん

ストーリー
「いきなりで悪いけど、あなたの血、吸ってもいいかな」
 高校生で美術部員の真一は、忘れ物を取りに戻った夜の学校で見知らぬ少女に出会う。少女はとても美しくて、でもその瞳は銀色に輝いていて、しかも真一の血を吸いたいと言う。少女の正体を“イタチ”だと見抜いて難を逃れた真一は、非常識にも彼女とある約束を交わすのだが――。
 翌日、美術室に現われたイタチ少女。曰く、この学校は妖怪が出やすく、しかも真一は彼らを引きつけやすい体質だから、手遅れになる前に約束を果たしに来た、と。約束を果たすまで、イタチは真一の身を守ってくれるという。美術部の先輩で妖怪マニア・経島御崎の提案により、イタチは美術部に迎えられることになる。そしてイタチの言葉通り、学校には様々な妖怪たちが現れ始めて……。
 ピュア可愛いイタチさんと普通の高校生真一の、ちょっと不思議な放課後物語です。

(公式サイトから引用http://www.mediaworks.co.jp/users_s/d_hp/new/sinkan.php#1)




 大賞受賞作品ということでかなりの期待をしてたんですけど。正直買う必要はないかと(爆)まずキャラクターに感情移入できない。小説っていうのは(特にラノベにおいてはだけど)リアルな感情表現、または異常すぎて感情移入なんてできないような敵役なんかが魅力を発しているからのめりこめるものだと思うんですがこの作品においていは正直そんなものはないです。
 ヒロインのことをむやみやたらに褒めちぎる主人公、しかもその主人公も別にナンパなキャラだとか天然キャラということではないし、ヒロインや準ヒロインも萌えキャラを意識してるでもなく中途半端なキャラ作り、先輩(準ヒロイン)のキャラクターもトラブルメーカーで2次元な位置づけなのにキャラを生かしきれてないですし・・・。

次にストーリー構成。別にコメディものであるとか学園ものであるというのであればストーリーなんて後からついてくるものでわかるんですがこの作品は根本的にジャンルは何になるのかすらわからないっていう;;;「放課後物語」っていうぐらいだから学園モノなんですかね?それにしては日常の匂いとか感じなかったし・・・。


文章がヘタなのはまだまだ仕方ないとは思うんですよ。まだ新人なわけですし。しかし、文章力どころか根本的にストーリーの作りもヘタ、ボキャブラリーも貧相、キャラの掛け合いもイマイチ。褒められるところが正直一切合財見つからなかったんですよね;;;あとがきにすら面白みを感じないwww

まぁ新人であることを考慮すればまだまだ伸びるとは思うんですけどね。好きな作家さんでもデビュー作は「アレ?」と思うような方もいますし。ただコレが大賞ってのはどうしても納得いきませんけどね。

ちなみにイラストはいとうのいぢさん風だと思えば大体オッケーですw


総合    ★★☆☆☆
ストーリー ★★☆☆☆
テンポ   ★★☆☆☆
キャラクター★☆☆☆☆
イラスト   ★★★★☆




ブログランキング・にほんブログ村へ
電撃 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

166

Author:166
声優の舞太こと門脇舞以サマを愛してやまない♂です。

アキバ文化全般から紅茶にアロマ、ビリヤードに釣り、カクテルと多趣味。

このブログでは日記やラノベ・アニメ・音楽等のレビューをうpしています。

門脇舞以」さん「りさのうたうたうたいまぁす」さん「ハナノウタ」さんを猛プッシュし続けています。

コメントや拍手をいただけると大変励みになります。できる限り返事も書きますのでよろしければお願いします。

FC2カウンター
応援バナー