FC2ブログ

そうよ!ヤツの名はメガ166!

正義の味方 

バイトから帰ってまいりました。まぁ正直特筆事項はないのでまた戯言でも。


最近、某「因果/零」を読みなおしてまして主人公の正義に感ずるものがあったりなかったりしたのでソレについて・・・。

主人公は1000人を救う為に999人の犠牲を出すのは正しいと信じて正義を成しているのですがあくまで数字として人をカウントすることで自分の友を殺めたりもしてるわけですよ。一人でも多くの人間を救う為に。

自分が思うには、ですよ。ソレは確かに正しい判断であると思うんですが自分が同じ立場に立ったとして例えば「3人死にそうな人間がいて1人を殺すことで救える2人を取るか2人を殺して救える1人を取るか。その1人は自分の大事な人間である。」ってな状況になったら葛藤すると思うんですよ。1000人を救う為の999人の中に1人自分の大事な人、まぁ家族でも友人でも想い人でもいいんですが、そんな人がいたら間違いなく999人を救うと思うんですよね;;おかしな考えですけど999/1000の命だったら割合にして1/1000の命ぐらい軽く感じてしまうところがあるんですよね;;いや、命が軽いなんて考えはしてないですけどね;;

人間、欲を出せば自分の幸せの為に、自分の大切な人の為に他人を蹴落とすぐらいはやる生き物だとは思うんですよ。命のやりとりに限った話しでは無しに、ですよ?生きる。というコトは幸せを勝ち取る為にも誰かを蹴落として台にして上ることを全くしないコトは不可能ですし。マンガやテレビの中の人間のように悪のボスがいてそいつをどうにかすれば世界平和が訪れてミンナ幸せになる。なんてコトはないわけです。

「正義」とは何なんでしょうね?正しい義、正しい道徳的行動ということでしょうが道徳なんてものはちょっと地域や国を越えれば簡単に捻じ曲がってしまうものです。地域によっては祖国を守ることが正しい行動として根付いているところもあるだろうし、地域なんて越えなくても個人で人としての根本なんてものは変わるものなのだから「正しい」なんて言葉は抽象的過ぎるとも言えます。

1000を救う為の999の犠牲、数字だけで見ればそれは常識の範囲内でしょう。例えば999円出せば1000円になって返ってくると言われたらどう考えても1000円のほうが特なのですから。

正義が何か。なんてことに答えはでないのだろうが物語の主人公にとっての「正義」がそうであるのならきっとそれも正義なのでしょう。少なくとも1人でも多く救ったっていうのは間違った行動ではないのですから。

自分にとっての「正義」がなんであるか、なんて答えの出なさそうなコトをムダに考えてる今日この頃でした。

(で、今日のは何が言いたいんだ?)
(さぁ?答えが出ないから面白いんじゃないか?)
ブログランキング・にほんブログ村へ
戯言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

166

Author:166
声優の舞太こと門脇舞以サマを愛してやまない♂です。

アキバ文化全般から紅茶にアロマ、ビリヤードに釣り、カクテルと多趣味。

このブログでは日記やラノベ・アニメ・音楽等のレビューをうpしています。

門脇舞以」さん「りさのうたうたうたいまぁす」さん「ハナノウタ」さんを猛プッシュし続けています。

コメントや拍手をいただけると大変励みになります。できる限り返事も書きますのでよろしければお願いします。

FC2カウンター
応援バナー